132117
ARAKI(V.c.)'s Home Page よろず掲示板
当BBSは終了しました。現在は過去ログ参照用として残してあります。書き込みはできません。

[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [管理用]
お名前
Eメール
タイトル
メッセージ
ホームページ
暗証キー (英数字で8文字以内)
文字色

演奏終了後の反応 投稿者:横尾 順 投稿日:2007/05/24(Thu) 22:32 No.649  
横尾@安曇野と申します。長野県安曇野界隈は田植えの終わった直後の5月が最高に綺麗な季節です。皆様お越し下さいませ。
ところで、昨年9月に収録されたラトル、ベルリンフィルのマーラー「復活」を聴いていたら、5楽章のフィナーレが実に感動的で、これはすごいと思っていたら終演後10秒以上も拍手がなく「拍手は省略された録音か…」と思った瞬間、ぱらぱら拍手が始まり、ブラボーの嵐となりました。
こういった感動的な曲は、日本ならば終わるや否やブラボーで、それはそれである程度は止むを得ないかと思いますが、上記の様にしばらく静寂があって、聴衆が皆余韻を楽しんで喝采の嵐というのも、その反応ですら感動的な気がします。
日本の反応が悪いわけではないと思いますが、ヨーロッパの(除くロンドン)余韻を楽しむ文化というのも、本当に素晴らしい成熟した、歴史や伝統に裏づけされたクラシック音楽の一端を具現化しているかと思われます。
さて、今から楽しみにな6月の札響定期演奏会500回記念ですが、どのような演奏がkitaraに展開されるか楽しみです。聴衆の反応も…。
おっと、その前に5月定期ですね。素晴らしいプログラムで、聴かれる皆様が羨ましいです。是非お楽しみを。


Re: 演奏終了後の反応 横尾 順 - 2007/05/24(Thu) 22:36 No.650  

蛇足ですが、先日拙宅の庭にライラックの木を植えました。少しでも札幌気分を味わいたく…。札響のCDを聴きつつ楽しんでいます。あっ、先刻投稿させて頂いた「聴衆の反応」についてですが、決して日本の一般的なブラボーの反応も悪いとは思っていません。というか、私もどちらかというと演奏終了直後に「ブラボー」で感動を表現してしまいます。因みに、カーテンコールの終わりの方ではスタンディングオベージョンです。できるだけ後ろの座席の方に迷惑にならないようにと思っていますが…。


Re: 演奏終了後の反応 あらき@管理人 - 2007/05/26(Sat) 22:57 No.651  

こんにちは。
拍手やブラボーの話題は、当BBSでは数年前までは繰り返し出ていた記憶がありますが、思い返すとここのところありませんでした。

そういえば、最近の札響の定期での拍手やブラボーは実に統制がとれており(笑)、まったくストレスを感じることがありません。フライングもなく(少なくとも舞台の上からは聞こえなく)、お蔭様でいつも気持ちよく終演を迎えております。

BBSで最近話題に登らないのはそのためかも・・、と思いました。

横尾さん、いっそ札幌に移住なさっては? 歓迎しますよ(^^)


Re: 演奏終了後の反応 Traviata - 2007/05/29(Tue) 03:21 No.652   <Home>

演奏後の拍手ですねぇ、私はあともうちょっと、待って欲しかった…と感じることが多いです。
ほんとに、あとコンマ何秒か、っていうくらいのことがほとんどなのですが。
少なくとも、指揮者が緊張を解くまでは、拍手は待って欲しいですよねぇ。

指揮者さんがオケの音を切って、
静止する時間があって、
静かに手を下ろして、
肩から背中へ、全身へと緊張が解けていって、
そして、オケ全体の緊張が解ける、
私は、そこまで待ちたいです。


Re: 演奏終了後の反応 横尾 順 - 2007/05/29(Tue) 23:15 No.653  

横尾@安曇野です。東京出張などで5日ぶり位で戻ってきましたが、荒木先生、Traviata様ありがとうございます。終演後の聴衆の反応については、私も希望するのはTraviataさんおっしゃる通りですね。指揮者が指揮棒を降ろすとか、緊張を解いてから拍手をするのが正しいと思います。勿論私もそうしています(笑い)。ブラボーを掛けるのは管楽器など奏者が立たせてもらってからが基本です。指揮者へのブラボーはカーテンコール2回目、スタンディングオベージョンをするのは3回目(笑い)とかです。先日聴いた「復活」のCDですが、よくよく確認したら15秒も静寂がありました。これはすごいですよね。
荒木先生、札幌に移住したい希望は持っています(ホント)。仕事があればなーという感じなのですが、妻もWelcomeです。多分運命的にそうなるかなと勝手に思っているのですが…。


Re: 演奏終了後の反応 Traviata - 2007/06/22(Fri) 09:13 No.657   <Home>

先日の「名曲シリーズ」では、「あっ!」な瞬間がありましたね;;;

『アパラチアの春』では、私もいつ拍手を始めるかちょっと躊躇しました。
とても静かに静かに終わる曲でしたし、
キンボーさんの指揮もまた、とても余韻を大切にする振り方だったので
まだだな……と思っていたら… (^◇^;)

ああいう静かな曲は、
指揮者さんの動きを良く観察して拍手のタイミングを図って欲しいものです。

つたないアマチュアの身で僭越ですが、自分の体験からいえば
静かに終わる曲は聴いている側にとっては、いつが終わりか判りにくいとは思います。
でも、演奏者と指揮者の間にある、最後の緊張感が解けないうちに拍手が来ると
がっかりするのも事実です。

ぜひぜひ、指揮者さんと演奏者の緊張の解けるのを
じっくり観察していただけたらなぁ、と思います。

もちろん、指揮者さんの最後の振りと同時に拍手喝采!が似合う曲もありますが……


Re: 演奏終了後の反応 横尾 順 - 2007/06/23(Sat) 00:02 No.658  

マーラーの9番のそれこそいつ終わったか分からない曲ですから、指揮者をよく観て拍手をすべきですよね。もっとも私は曲の途中でも指揮をよく観て欲しいと思っています。マーラーの4番の3楽章と4楽章の間は、アタッカでそのまま入るのであれば、聴衆も息をしてはいけないほどの静寂さであると思います(笑い)。さて、明日(あっ、今日ですね)はマーラーの2番です。どうなりますでしょうか。名演を!


ドラマ「雪あかりの街」 投稿者:あらき@管理人 投稿日:2007/06/08(Fri) 01:08 No.654  
尾高・札響が音楽演奏を担当したNHKドラマ「雪あかりの街」、放送日がちょうど5月定期の本番と重なり見れず、ビデオも撮りわすれ、(;゜0゜) ガビーん だったのですが、親切な某NHK職員の方のおかげでやっと見れました。

今見終ったのですが、よいドラマでした。感動しました。
途中で2回涙腺がゆるみ、1回泣きました。
「両親の離婚と12年ぶりの父との再開を果たす北大生、石黒麻衣」 ときただけでコテコテのお涙ちょうだいドラマと思い、実のところあまり期待せずにみたのですが(失礼!)、最後の一人になってしまった浮き玉職人の父親(塩見三省さんがいい味出してました)や、運河沿いだけ華やかな小樽の街を悲しく思う地元の人の心なども織り込まれ、主役麻衣の悩み多き時期の心情、切ない親子愛などが、札幌や小樽の雪景色、そして美しい音楽を背景に詩情たっぷりに描かれてます。

いや〜〜、よかったです。
主役の木村愛里さんは役に合っていてとても可愛くて好印象でした。
ドラマ全体的に北海道弁がちょっとわざとらしかったですが、まあ、それはいいとして。
見逃したかたは全国放送を見ましょう。

約20分のメイキングも面白かったです。


Re: ドラマ「雪あかりの街」 hiko - 2007/06/08(Fri) 15:03 No.655  

ドラマ好きの私としては、地元制作の作品に大いに期待(かつてHTBなんかは良作を連発していたし)したものだが、これに先駆けてHBCが放送した「たった一度の雪」(松田聖子の娘が主演した札幌五輪のお話)が失敗ジャンプの如く大きく大きくハズしてくれたので、一抹の不安があったのだった。
で、見た感想・・・・札響の音楽はイイ!(これが出来合いの劇伴だったら、どうなっていたか)
でも私は泣けなかったよ。演出がもうひと押しだったな。話がベタといえばベタなだけに、これは見せ方が重要だぜ。カットも凡庸だったし、ちょっと残念だったけど、全国放映されれば、他地域の視聴者はそれなりに北国のロマンを感じるのだろうか。
私は本編よりも、むしろメイキングで、主人公の父親のモデルになった職人さんが亡き後、ドラマのために息子さんたちが工房を復元したエピに、なんだか感動してしまった。
それにしても小樽っていうと、やっぱりガラス職人なんだね(どんなドラマや映画でも主要登場人物は、やっぱりガラス吹いてたりする)。普通の勤め人とかじゃ、ドラマにならないのか・・・。
それから、北大の競技舞踏部ですか? 練習中の「北大、ファイトー!」の不思議な調子の掛け声、しばらく耳について離れなかったですよ。う〜ん、なんなんだろう、あれは。
北海道弁といえば、北海道が舞台で言葉がワザとらしくないドラマは、めったに見たことありませんが(標準語でいいべや!)、やたら「なまら」を連発するのには苦笑しましたな。今はあまり使わないよね、なまらって。


Re: ドラマ「雪あかりの街」 あらき@管理人 - 2007/06/09(Sat) 00:37 No.656  

うんうん、「泣けない」という気持ちも分かる気がします。でも、深夜で少しほろ酔いで一人で見てる状況でなら、感動のツボにはまる可能性が高いです。(笑)。
全国放送ではきっとウケると思いますね。「北の国から」の感想文コンテストでしたっけ? 上位は西日本の人が席捲したそうですし、「北」と聞いただけで目に涙を浮かべる関西人もいるとかいないとか・・。

「まなら」も「したっけ」も「〜しょや」も絶滅寸前ですね。試しに小学2年生の娘に北海道弁で話しかけてみたらキョトンとされました。
昔は教師もものすごく訛ってたし、標準語なんて喋ったらクラスで苛めの対象になったものですが。


ノンノン・マリア 投稿者:ゆり 投稿日:2007/05/11(Fri) 15:42 No.643  
こんにちは。
昨日、ノンノン・マリア弦楽四重奏団の演奏会に寄せていただきました。

『カエル』では、「ケーロ、ケーロ」というカエルの鳴き声のような弦の音色に思わず顔がほころび、『アトム・ハーツ・クラブ・カルテット』では、踊り出しそうな気持ちになりました。
滅茶苦茶カッコイイいい曲でした! 年代的にも、フィットしたのかもしれません。(チラシも、”アトム”のところだけ角が生えていて、お洒落でした。)
どの曲も素敵でしたが、『死と乙女』に一番心が動かされました。
「ライブ」の演奏は、CDを聴くのとはまた違った感動がありますね。

まだ、余韻にひたっています。
また演奏会に寄せていただきたいと思います。
ノンノン・マリア弦楽四重奏団未経験の方は、是非是非、次回の演奏会に行かれてみてください!


Re: ノンノン・マリア あらき@管理人 - 2007/05/11(Fri) 22:47 No.644  

こんにちは。ご来場&書込みありがとうございます。

楽しんでいただけたようで、とても嬉しく思います。
自主公演は選曲やホールの予約に始まって、その他諸々自分たちでやる部分が圧倒的に多いので大変ですが、それだけにお客さんに楽しんでもらえた時の喜びはひとしおです。

演奏面でもまだ努力すべき点は沢山ありますが、一本一本の演奏会を真剣に取り組んで、アンサンブルの精度を上げていきたいと思っておりますので、これからも応援よろしくお願いします!


Re: ノンノン・マリア mano - 2007/05/12(Sat) 00:33 No.645  

私もノンノン・マリアの演奏会に行ってきました。
弦楽四重奏はオーケストラとはまた違う迫力があり大興奮でした。
皆さんの息遣いがわかるくらいの近さも感激でした。
一曲終わるたびに深いため息が出て、「死と乙女」では酸欠気味に・・・?
なんだか息苦しいくらい興奮していました。
弦楽器の音は本当に美しくて、心が潤います。
素晴らしい演奏会でした。
最後にヴィオラの三原さんが何かが気になったようで笑顔で振り返っていましたが何が気になったのかなぁ・・・と見ていました。
帰り道、地下鉄に向かう途中に「アトム・ハーツ・クラブ・カルテット」を口ずさむおじさまがいらっしゃって皆さん楽しまれたんだなと感じました。
次は1月28日ですね。
半年も先だなんて待ち遠しいと思うくらい次回も楽しみにしています。


Re: ノンノン・マリア あらき@管理人 - 2007/05/13(Sun) 00:08 No.646  

こんにちは。>manoさん
ありがとうございます。
その生々しさが室内楽の大きな魅力の一つですよね。
舞台にいる私たちもお客さんの反応がダイレクトに演奏に影響を与えるのを感じます。
客席と舞台のコミュニケーションを実感できるのが醍醐味だと思います。
プログラミングはリサーチを重ねて慎重に選んでいるつもりなので、楽しんでいただけて嬉しく思います。
また是非いらしてください。

ヴィオラの三原さん、何に反応したんでしょう? こんど訊いてみます(^^)


Re: ノンノン・マリア Traviata - 2007/05/15(Tue) 22:47 No.647   <Home>

こんばんは♪
楽しかったです!
チケットもお世話になり、ありがとうございました♪

「アトム・ハーツ」は「アトム・ハーツ・マザー=原子心母」だったんですね。
チラシのキャッチ・コピーを読んでるときには気付きませんでした…!

なんか、札響定期の感想も書いてから、読むと
いつも、「良かった」、「楽しかった」、しか書いてない気がして
ほかの言葉がないものか…とも思うのですが……なかなか巧い言葉は見つかりません。

ルーテルホールは古楽では良く行くのですが、モダン楽器の演奏会は初めてだったかもしれません。
あの近さが室内楽には良いですよね♪
弦楽四重奏というと、ゆったり優雅なイメージですが、違いましたね〜〜〜。
『死と乙女』があんなにハードに激しい曲だとは、見るまでわかりませんでした。
聴いてると「物悲しく切ない」曲なのに。
生シューベルトは初体験だったように思います。

次は何かな?待つ楽しみがふえました。
次は、またmanoさんと一緒に、札響定期でお会いできる予定です(笑)


Re: ノンノン・マリア あらき@管理人 - 2007/05/17(Thu) 01:15 No.648  

ご来場ありがとうございました。

室内楽は仰せのとおり、どうしても育ちの良さそうな奏者が静々とお行儀良く弾いているイメージがあるようで、何とも歯がゆい限りです。
実は超ハードでアグレッシブな世界です。

ルーテルは良いホールですが、容積が小さいので難しいホールでもあります。
どうしても鳴りすぎてしまう傾向があると思います。ピアノもフルサイズが置いてありますしね。
キタラの小ホールは使用料が高い(プロ料金というのが存在する)ので、なかなか使えません。
どうせ赤字なのだから、あの”プロ料金”というのは何とかならないものかと思います。


ノンノンマリア 投稿者:mano 投稿日:2007/04/28(Sat) 01:35 No.626  
4月定期の感想は皆さん沢山書かれていたのでこちらに。
ノンノンマリアのチケット買いました。
今日のロビコンで益々期待です。
本当にすごく格好いい!!
楽しみにしています。


Re: ノンノンマリア あらき@管理人 - 2007/04/28(Sat) 01:55 No.627  

ありがとうございます!
ノンノン・マリアのチケットご希望の方はメールでも販売してますのでよろしくお願いします。m(__)m
メールに「チケット希望」と書いて枚数と郵送先をお知らせください。当日会場で引渡しでもオッケーです。

予習用CD(死と乙女)のお薦め版もノンノン・アリアのコーナー(http://arakipage.jp/nonnon/index.htm)にアップしてますので是非ご覧ください。


Vistaになりました。 投稿者:masahiro 投稿日:2007/03/26(Mon) 00:56 No.614  
数日前に優待アップグレードを申し込んであったWindows Vistaが届きました。出たばかりのOSですので不安いっぱいでしたが、締め切りもあったので半額で手に入るうちにと申し込んでいました。
XPが立ち上がった状態からインストールできるOSは初めてでした。約2時間かかりVistaに変わりました。
早速不具合・・音が出ません!
ドライバも入っているし、メディアプレーヤーとかのメーターもちゃんと動いているのにです。
ネットで調べてみたら同じ症状の人が何人もいました。
バグでしょう。画面上では「ちゃんと音出てます」という状態なんです。「正常」と言い張るんです。ところが物理的には音出ていません。他の方の体験談からXPのドライバに変えたら出ました音・・VistaでXPのドライバを使うっておかしい。
今回のOSは作業上必要とは思えないところにメモリーを使っている感じです。画像ファイルをディスクトップに置いたら、アイコンの大きさの画像のプレビューが並びます。文字だけでいいのに。シャットダウンのとき、画面がフェイドアウトするようにやわらかく消えるとか。見た目もマックっぽい。ゴミ箱透明のアクリル風だし。ソフトもなんとか使えてるし、文字のフォントが好きなタイプで書いててうれしいのはちょっといいかな。とにかく実用的に今のが不便でなければ急いでかえる必要性はないと思うOSです。きれいですけどね。


Re: Vistaになりました。 あらき@管理人 - 2007/03/27(Tue) 22:18 No.615  

私はマザーボードがメモリー512Mまでしかサポートしておらず、Vistaの導入は当分先になりそうです。
発売直後にヨドバシに行って触ってきましたが、確かに画面は綺麗だし、エアロでしたっけ? あれなんかも面白いですが、必要か?と言われると疑問ですね。激しくギモンヌです。
VistaどころかXPの必要性すら今だに疑っているほどです。
Win3.1からWin95に変わった時の感動は不滅だと思います。
個人的にはWin98Second Editionが一番好きでした。


Re: Vistaになりました。 Traviata - 2007/03/28(Wed) 22:07 No.616   <Home>

私のパソコンは自宅のは『Win Me』で、激しくフリーズしやすいのだと、最近教えられました(今更…)。会社のはXPに2003で、快調です。クリップアートもいっぱい絵柄があって、DM作りにも重宝してます。
自宅のパソコンも早くXPになりたい…そんなレベルですので、Vistaは遥か彼方ですねぇ。


疑問ですね masahiro - 2007/03/29(Thu) 22:53 No.617  

Vistaは面白いというだけで、やたらハードディスクのスペースを使う、メモリーも1Gあるのが望ましい・・と、まさにオタク向け(言い過ぎ?)のOSと思います。ただ、セキュリティに関しては聞いてきすぎるくらいいちいち確かめるコメントが出ます。スパイウェアを見つけるシステムとかも入っているし、今の世の中の危険な部分には合っているのか・・?と思ったりします。
私のところではメモリーが足りないので、ちょっともっさりしますね。


メモリー512Mプラス masahiro - 2007/04/10(Tue) 09:03 No.621  

パソコンのメモリーを512プラスしました。もっさり感がなくなり普通に使えるようになりました。Vistaの新しいメールソフト「Windowsメール」に変えました。今までのサンダーバードもフリーでありながら大変優れて使いやすいメールソフトでしたが、「Windowsメール」もそれに劣らないというか、より優れたソフトと思いました。迷惑メールを自動で迷惑フォルダに移動してくれるのはもちろんですが、新たに来た迷惑メールを手動で移動すると今後そのメール元からのメールは確実に迷惑フォルダに自動で移されるようになります。そのため受信フォルダにはより分けられたそれ以外のメールのみが残るようになります。この動作が非常に俊敏で気持ちいいのです。


のだめのページを見ました 投稿者:ノブコ 投稿日:2007/03/07(Wed) 09:58 No.606   <Home>
こんにちは。
すごーく久しぶりに、サイト拝見しました。
ドラマ「のだめ」を検証するページ、おもしろいですね!
ここどうかなーと思ったのが、「指揮者は音合わせに関与しない」。どヘタなアマオケではあり得ますよ?あまりにピッチが合わないので、業を煮やして指揮者が指図する…場面に、実際に何回か遭遇しました。それほどヘタであるということを表したシーンだったのでしょう。
それと、最終回で、Sオケの友人たちが、本番の休憩時間に千秋の楽屋(?)に集まって思い出話などするシーン。
まあ、実際にはないでしょうね。本番ともなると、指揮者は
とにかく汗ダ〜ラダラです。だから、曲と曲の間の休憩時間に、下着とシャツを着替えるんです。しぼれるほど汗まみれです。談笑してる暇ないんです。それでなくとも気が立ってますから、平常心ではないですよ。
某マエストロ妻より。
(この前清水の演奏会、行ってきました。某コンマスのソロきいてきましたよ〜。では、また)


のだめのアニメを見ました hiko - 2007/03/07(Wed) 14:12 No.607  

北海道でも遅ればせながら先週から深夜に放送が始まったようですが、私はネット上で小さい画面ながらも先行して8話くらいまで見ておりましたですよ(いちいちアップしてくれた人には感謝ですが、完全に著作権に違反してるな、これ)。
ドラマ版と違って主題歌もエンドテーマもポップスだったけど、原作にはより忠実かな。
でもねぇ・・・・演奏シーンになると絵の動きが止まって紙芝居みたいになってしまうのよ。予算と制作時間の限られたテレビアニメでは、複雑な演奏の動きを描くのは難しいのかな。
もともと日本のアニメは昔から、止め絵が右から左に移動してくだけとか、決めのシーンで静止画になったりという演出は、普通に行われているけど、後は視聴者のイメージにゆだねますって感じで、なんか物足りなかったです。のだめの声は、なんかタラちゃんみたいでした。


Re: のだめのページを見ました あらき@管理人 - 2007/03/08(Thu) 00:28 No.610  

ノブコさん>お久しぶりです。ダンナ様も汗だくでご活躍のようで・・(^^)。
確かに音合せに関しては、アマオケ時代にコンマスがヴァイオリンではなく音叉を持って各パートを巡回する場面や、指揮者が弦楽器全員の楽器を自らチューニングしてあげる(30分位かかる)など、数々のアンビリーバブルなシーンに遭遇したことがあります(笑)。

hikoさん>出来の悪い紙芝居級のリミテッドアニメはたしかに苛つきますね。同感です。アニメ版のだめはまだ見てませんが、楽器を弾くシーンをリアルに再現するには、昔のディズニーアニメみたいに実際に弾く人間をビデオに撮って動画に起す手法じゃないと無理でしょうね。
アニメ版は評判がイマイチなので見るの戸惑ってます。


Re: のだめのページを見ました Traviata - 2007/03/19(Mon) 02:34 No.613   <Home>

楽器演奏の場面、『一部リアル』ではあると思いましたが…
単なるコメディとして見ればそれなりに楽しめるかと。

昨日、とある本屋さんでバイリンガルの『のだめ』コミック本を見ました。あの『のだめ語』を英訳するとどうなるのかは、ちょっと興味ありますね (^◇^;)


早くクラヲタになりたいなぁ 投稿者:mano 投稿日:2007/03/04(Sun) 00:53 No.603  
こんにちは。
昨日、新しいゴーシュを買ってきました。
荒木さんが悩まれていた原稿でしたが、舞台裏の楽屋の様子など、私たちには見られない風景のお話は面白かったです。
荒木さんの文章は読み手を引き込む面白さがありますね。
次号のクラヲタとブログの更新も楽しみにしています!


Re: 早くクラヲタになりたいなぁ あらき@管理人 - 2007/03/08(Thu) 00:07 No.608  

こんにちは。
雑誌や新聞の原稿は編集者とのやりとりや字数が決まっていたり制約が多くて難しいです。印刷されたものはブログなどと違って書き直したり消したりもできませんし・・。けっこう苦労して書いているので褒めてもらうと励みになります。ありがとうございます(^^)


Re: 早くクラヲタになりたいなぁ Traviata - 2007/03/08(Thu) 00:35 No.611   <Home>

曲名を略して言うのはよくありますが、『青ダニ』は笑いました。
なんか、一瞬背中が痒くなった気がしたのは…気のせい、かな?(笑)

略せばエライってもんじゃないけど、ハマった略称は楽しいですよね。
『青ダニ』は私の中ではかなりイケてます。


札響の何かと隠れファン 投稿者:KAT-TUN好き 投稿日:2007/03/02(Fri) 09:46 No.600  
ミーハーな 私でしたが 近頃、札響にハマりつつあります。 この前の定期、チェロの音が好きなので行ってみました。 石川さんのショスターコービッチ もの凄くよくて ロストロで予習して行った私としては 驚きの連続で演奏者によってこんなに解釈が違うのかとクラシック音楽の奥の深さに感心しました。それと石川さんのテクニックの凄さに感動いたしました。頭の中に新緑の牧草のような緑色が浮かびそれが何か不安を与えるような深い霧がイメージとして浮かんでました。 とにかくたっぷり 魅せていただいたという感じです。もう 石川祐支さんの虜です。ジャニーズを卒業して石川さんの演奏追っかけしようと思います。 あと、個人的な趣味ですがコントラバスのちょっと(?)髪が薄く眼鏡をかけたヒゲ(あったかな?)の方が前から気になっています。お名前がわからないので教えて下さい。ちょっとマニアックかもと思いながらもファンでした。荒木さんも勿論好きですよ。童顔でとてもお子さんが二人いるとは思えません 札響の定期会員になろうかパトロなんとかになろうか迷っています定期会員は席が決まっているのは知っていますがパトロなんとかは座席はその都度変わるのですか。もしS席並びで二つ空いていた場合入会しようか検討中です。


Re: 札響の何かと隠れファン あらき@管理人 - 2007/03/03(Sat) 15:39 No.601  

はじめまして。
来年度の定期はマーラーの復活やR・シュトラウスの「ツァラツゥストラ」など大曲が目白押しです。
是非入会してください。パトロネージュは定期か名曲かどちらか選べるクーポンが10枚綴りでもらえます。(詳しくは事務局まで)
コントラバスのちょっと髪が薄くてメガネかけた人ですか? うーん、特定が難しいな・・・(笑)

| | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 |

NO: PASS:

- KENT & MakiMaki -